アクセス解析
イメージ画像

タイトリスト ボーケイ コールドフォージド試打インプレッション

タイトリストから新しく発売になった、ボーケイ コールドフォージドです

簡単に言うと暑い鉄で作ったヘッドが冷える時に形が変わってしまう事が多いのですが

コールドフォージドは冷間鍛造という技術で、形が変わらなくなりより精度の高いヘッドになっています

 

 

ソールのバンスに特徴があって、F、M、Kという3種類のバンスがあります

 

Fはソールが平らでバンスを殆ど削って無い形状です

 

 

Mはトゥ側とヒール側が削ってあります

 

 

Kはソール幅が広く少しだけ削ってあります

 

 

 

 

Fから打ってみました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソールの形状は四角というイメージで、バンスが削って無いです

バンスがしっかりと地面に当たるのが分かります。

普通に構えるとリーディングエッジがちょっと浮くくらいバンスが出ています

 

打ってみるとバンスが当たる事で芝の上を滑って行き、多少のダフりも滑って助けてくれます。

そのメリットはボールが高さで飛んで行く事です

同じ高さなので距離感が一定で分かりやすく、非常にオートマチックなウエッジになっています。

同じ高さで同じスピン量で飛ぶので、技術に関係なく距離感が合いやすいウエッジです。

 

 

Mグラインドは削ってあるモデルです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツアープロが好んで使うようなソール形状ですね

フェースと開いても同じバンス角になるように削ってあります。

この様な形状んウエッジは入射角を変えられる人(プロなど)にとっては扱いやすいんです

上げたり(シャローに入れる)転がしたり(ダウンブローにいれる)する人はバンスが邪魔になる事が多いのでバンスが無い方が扱いやすいんです

このモデルはプロが好んで使うように作られています。

フェースを開いて打つ事が多い人向けです

 

 

Kグラインドはソールが広いモデルです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソールが広いだけで抜けがかなり良くなります。ウッドが抜けが良いのはその為ですね

ウエッジでも抜け重視で打ちこまないで払って打つ打ち方の人にピッタリですね

バンカーでも深く入りずらいので、適度にバンスが利いて楽にボールを上げてくれます

上げるアプローチが多い人はこのモデルがおススメですね

 

 

全体的に以前よりちょっとグーすが入って構えやすくなりました。

スピンの非常に掛かりやすいので自分のイメージする弾道に合わせたバンスを選びましょう

 

 

タイトリストコールドフォージド最新価格←クリック

 

 

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015/04/13 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:クラブ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ