アクセス解析
イメージ画像

ニュートラルゴルフ

私のゴルフ理論は、ニュートラルポジション理論です

いかにニュートラルな状態でスイングを行うのか、ニュートラルな精神状態でスイングを行うかがポイントです

 

ニュートラルとはセンターポジションとも言えます。

フックでもスライスでもなく真ん中を意味するニュートラル(ストレート)を目指します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴルフにはバイオリズムがあります。

ゴルフを始めたばかりの人はスライスからほぼ始ります(95%)

何も分からずにクラブを振ると、殆どの人がスライスしか出ません。

 

しかし友人や知人からちょっと教わったり、レッスンを受けたりすると

ボールがストレートになっていき、どんどん当たるようになります。

 

ちょうどバイオリズムがストレートの所に来ると100を切ります。

どんどん調子が上がっていき、自信もついてきてスコアも更新されていきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このようなバイオリズムでゴルフの実力が上がっていきます。

 

フックの領域のてっぺんでは、距離が出てくるけどチーピンに悩まされます。

上手くなっていく人は、ほぼチーピンの時期を過ごします。

その時期になった事がない人は、まだボールを捕まえる事が出来ていない可能性が高いです(距離も出ない)

 

フックの領域のてっぺんから下がっていき、ストレートを目指す事が上級者(プロ含む)になるには必要です

てっぺん(フック)から下がる事がゴルフでは1番難しいです。

スコアが80くらいで止まって一向に70台に入らない人が多いのはその為です

 

スライスの時はフック(ボールを捕まえる)の練習をして実力を上げました。

フックの時はその逆でスライスを打つ練習をする必要があります(それ以外もたくさんありますが)

しかしこれがなかなか出来ないのが現実です。

ボールは飛ばなくなるし、捕まらないし、感触も悪い

 

その時期を乗り越えられた人だけが手にする事が出来る、ストレートボールを目指しましょう

2015/04/03

このページの先頭へ