アクセス解析
イメージ画像

タイトリスト ボーケイ コールドフォージド試打インプレッション

タイトリストから新しく発売になった、ボーケイ コールドフォージドです

簡単に言うと暑い鉄で作ったヘッドが冷える時に形が変わってしまう事が多いのですが

コールドフォージドは冷間鍛造という技術で、形が変わらなくなりより精度の高いヘッドになっています

 

 

ソールのバンスに特徴があって、F、M、Kという3種類のバンスがあります

 

Fはソールが平らでバンスを殆ど削って無い形状です

 

 

Mはトゥ側とヒール側が削ってあります

 

 

Kはソール幅が広く少しだけ削ってあります

 

 

 

 

Fから打ってみました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソールの形状は四角というイメージで、バンスが削って無いです

バンスがしっかりと地面に当たるのが分かります。

普通に構えるとリーディングエッジがちょっと浮くくらいバンスが出ています

 

打ってみるとバンスが当たる事で芝の上を滑って行き、多少のダフりも滑って助けてくれます。

そのメリットはボールが高さで飛んで行く事です

同じ高さなので距離感が一定で分かりやすく、非常にオートマチックなウエッジになっています。

同じ高さで同じスピン量で飛ぶので、技術に関係なく距離感が合いやすいウエッジです。

 

 

Mグラインドは削ってあるモデルです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツアープロが好んで使うようなソール形状ですね

フェースと開いても同じバンス角になるように削ってあります。

この様な形状んウエッジは入射角を変えられる人(プロなど)にとっては扱いやすいんです

上げたり(シャローに入れる)転がしたり(ダウンブローにいれる)する人はバンスが邪魔になる事が多いのでバンスが無い方が扱いやすいんです

このモデルはプロが好んで使うように作られています。

フェースを開いて打つ事が多い人向けです

 

 

Kグラインドはソールが広いモデルです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソールが広いだけで抜けがかなり良くなります。ウッドが抜けが良いのはその為ですね

ウエッジでも抜け重視で打ちこまないで払って打つ打ち方の人にピッタリですね

バンカーでも深く入りずらいので、適度にバンスが利いて楽にボールを上げてくれます

上げるアプローチが多い人はこのモデルがおススメですね

 

 

全体的に以前よりちょっとグーすが入って構えやすくなりました。

スピンの非常に掛かりやすいので自分のイメージする弾道に合わせたバンスを選びましょう

 

 

タイトリストコールドフォージド最新価格←クリック

 

 

 

 

 

 

タグ

2015/04/13 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:クラブ

タイトリスト Vokey ボーケイデザイン SM5ウェッジ試打レポート

3月14日に発売になるタイトリスト ボーケイデザインSM5の試打レポートです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のSM5(スピンミルド)はなんと5種類のソールデザインを用意しました。

ソールの違いはこちらを見てください←クリック

 

全てのバンス形状を打ちましたが全く違うのにびっくり(当たり前ですが・・・)

自分にぴったりなのが必ず見つかります。

 

自分の好みのバンスを見つける事がポイントですね。

バンスを滑らせて高い弾道が好きな人は、S.M.TGRINDが良いですし

バンスが地面にちょっと突っかかりながらボールが上がるのが好きな人はF.KGRINDが良いです。

私はバンスがちょっと突っかかりながらも抜けて行くのが好きなので58.08Mが好みでした^^

 

 

構えてみると歴代のボーケイデザインと全く同じです^^

以前私もTVDを使っていましたが、全く同じ顔しています

いままでボーケイを使っていた方はすんなりとこのモデルに移行できますね。

 

 

このモデルの最大の特徴はスピン性能です。以前のモデルよりも圧倒的にスピンがかかります。

溝を深くしたお陰と言っていましたが明らかにスピンが多いです。

トラックマンで計測しても7500回転のスピン量 バックスピンがしっかりと入るニュー溝もしっかりと機能しているのが分かりました。

 

 

SM5はこれだけ種類がそろっていると逆に自分に会うのがどれか分からないかと思います。

試打しても違いが分からない場合があります。

 

そんな方は50.12Fと56.12Fを買っておけば間違いないですね。

バンスもあって悪いライに強く、スピンも掛かる。文句なしの2本です。

 

 

ゴルフクラブの中でドライバーとウエッジ、パターはお金をかけた方が良いです^^

このSM5も買う価値があるウエッジになっていますので、購入候補に入れてみてくださいね^^

 

最新タイトリスト ボーケイデザイン SM5価格←クリック

 

 

タグ

2014/03/12 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:クラブ

ロフト、ライ角調整、1セット3000円です

クラブにはライ角とロフト角があります。

軟鉄アイアンを使っている人は、1年に1回はクラブの調整した方が良いですよ^^

 

クラブ調整歴30年の海老原さん

僕のクラブは全てお任せしています。

 

ロフト、ライだけではなく

スパイン、グリップ、バンス、

シャフトの差し方、など全て出来る人です。

 

 

 

僕のアイアンはミズノMP59ですが、1年間使っていると約1度くらいは、ずれていきます。

1度と言うと少なく感じますが、実は非常に大きいんです。

 

もっと言うとクラブを買うと公差というのがあって、市販品では±1度となっている事がほとんどです。

っと言う事は、新品未使用でも最大で2度ずれていますが生産上は仕方が無いんですって書いてあります。

 

新品ですらずれているのですから、スイングが悪いのかクラブが悪いのか分からない事が多いです。

 

少なくとも軟鉄アイアンを使っている方は、1年に1回は調整する事で信頼できるクラブが完成します。

っていうか、それだから軟鉄鍛造を買っていると思いますが・・・

 

 

僕がお世話になっている茨城県竜ケ崎市にある、ゴルフ工房フェアウェイさんにお願いして

僕のブログやレッスンを受けた方は1セット(10本まで)通常6000円くらいしますが3000円にして頂きました。

 

クラブが合っていない人が非常に多くて、正直びっくりしています。

 

僕自身レッスンを受けている方にクラブを売りつける事は全く無いのですが

クラブの調整はお願いしています。なぜなら調整さえすれば使える事が多いからです。

 

自分に合っていないクラブでたくさん練習しても上手くならないのがゴルフです。

信頼できるクラブに調整して、練習しましょう^^

 

 

ライ角、ロフト角調整のお願いは、ゴルフ工房フェアウェイさんに直接連絡してください。

 

合言葉は『工藤プロのブログを見た』です。

ゴルフ工房フェアウェイ
〒301-0853
茨城県龍ヶ崎市松ヶ丘1-25-25-104
TEL: 0297-86-6701
FAX: 0297-68-8784
営業時間:10:00-20:00
定休日:火曜・土曜

タグ

2013/12/10 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:クラブ

NEWゼクシオ8 試打レポート

ダンロップスポーツから12月7日に発売になる、ニューゼクシオ8です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゼクシオは現在日本で1番売れているクラブになります。

2年に1度フルモデルチェンジを行います。1番売れているクラブだけに大幅な変更は行ってこないのが通例になっています。

今回の8はどうなったのか注目ですね。

 

まずヘッドデザイン。構えて見えた時の顔は全く変わってないです。

しかしフェース面の上部部分を5mmほど磨いてあります。

そのおかげでシャローなフェース面が大きくディープフェースに見える効果を出しています。

フェース面が今までのゼクシオよりも大きく見えて、しかもストレートフェースなので非常に構えやすいです。

 

クラウン部分の色も角度によって紺色や赤茶っぽく見えるグラデーションカラーですね。

 

クラブを持ってみると明らかに分かるのは、その軽さです。

なんと272g(R)という軽さ! レディースクラブよりも軽くできていますね^^:

特にグリップを超軽量グリップを装着している事で、軽いんですがヘッドが効いているクラブになっています。

 

シャフトもRとSを打ちましたが、Rは先調子(中調子と言っていますが先が走ります)でヘッドがきれいに走ります。

SシャフトはRと違って真ん中がしなり走りが少なくたたける仕様になっています。

同じ中調子と言っていますが、実際は全く違った印象のシャフトになっています。

 

 

Rシャフトはその仕様からもヘッドを走らせてクラブを使ってください。それでヘッドスピードを上げて飛距離を伸ばしましょうというのがクラブから伝わってきます。

 

 

もちろんその様に使う事で飛距離が伸びますね。

 

という事で今回のゼクシオは飛びに向かって作られたクラブという事が分かります。

通常クラブは(特にドライバーは)飛びに特化するか、方向性に特化して作ります。

 

今までのゼクシオは方向性のクラブでした。

今回は大幅に計量する事で飛びの部類に入ってきました。

その事でちょっと癖があるクラブになってしまい、合う人と合わない人が今回のモデルから出てきます。

今までは癖の無かったゼクシオですが今回のは癖があります。

 

売上1位の座が今回も続くのか業界も注目している今回のゼクシオ8です。

 

 

ゼクシオ8最新価格←クリック

 

 

 

 

 

 

タグ

2013/11/15 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:クラブ

テーラーメイド最新ドライバーR1の完成度

テーラーメイドから新しく発売になるR1ドライバー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回からヘッド1種類になっています。

ヘッドが1種類なので作る方は楽ちんになりますね。

ロフトごとにたくさん作るよりヘッド1種類でネック調整だけで済ませることが出来ます。

しかしこの方法は弱点が発生します。

ネック調整のみで対応するとシャフトとヘッドが真っ直ぐにはいる10度の時は良いのですが

10度以外にした時にシャフトとヘッドが曲がって入ることになります。

特にヘッドスピードが早い人は8度にします。

8度にすると明らかにネックが曲がって入るのでインパクトの時に当たり負けが起きます。

 

ロフトを立てて打ち出し角は変わるのにスピンが減らないのはその為です。

ヘッドスピードが42~44くらいで10度のロフトが好きな人は飛距離アップしますが

ロフトを立てて使う人は弾道は良くなるけど、飛距離が伸びない現象が起きます。

 

テーラーメイドのドライバーはプロも当然使うことになりますが、プロは市販とは全く違うのを使うことになります。

ロフト8度や9度をベースに作ったヘッドを使います。

市販モデルは10度ベース。

 

なので打ち出し角が高い人は注意して購入してください。

打ち出しが低い人にとっては素晴らしい武器になる可能性が高いです。

 

完成度は高いしカチャカチャでいろんな人に合わせられますが、ぴったりと合う人は限られるでしょう。

 

しっかりと試打を行い、データを測定してから購入しましょう^^
R1ドライバー最新価格←クリック

 

 

 

タグ

2013/02/01 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:クラブ

このページの先頭へ