アクセス解析
イメージ画像

アマチュアが教えるレッスンには限界がある

レッスンを行なっているとよくわかる事があります。

 

『スイングは先輩から教わりました』とか

『練習場に行くと、周りの人が教えてくれるのですが・・・』と言う人が多いです。

 

たいていの場合上手くなっている人はいないです。

 

なぜなら上手くなった方法をその人は言っているのですが、その人が上手くいった方法で話しているからです。

 

その人(教え魔)は上手く行ったかもしれないが、他の人が上手くいくとは限らない。

 

しかもその人の実力が大した事ない事が多いんです。

無責任に人に教えて、ほぼ教えた人を混乱にさせる。

 

無責任ですね。

しかも実力やスコアも出ない人なのに、教えるのが上手いと思っている。

教えてあげてやってると、偉いと思っている人もいる。

 

 

 

プロゴルファーというのはゴルフをかなり知っています。

知ってるというのは伝える事が出来るという事。

表現方法や、相手に伝わらない表現で言っている人は知って無いという事です。

 

 

ゴルフを知らない人から教わり、ゴルフが絶不調になる怖さ。

ゴルフを知らない人から教わり、ゴルフをやめて行く人が多い怖さ。

 

 

 

僕たちゴルフ業界からその人を見ると、まさに公害です。

 

 

 

師匠の『ゴルフはアマチュアから教わるな!』という言葉を思い出します。

 

適切な人からゴルフを教わり、最善で最短距離で上手くならないと短いゴルフ人生になってしまいます。

 

年齢を重ねても出来るゴルフスイングに早くなりましょう。

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012/05/14 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:レッスン

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ