アクセス解析
イメージ画像

アダムスコットのスイング技術

2011年ブリヂストンインビテーショナルはスコットの優勝で終わりました。

最終日にノーボギーの65、この試合全体でも4ボギーしか打っていないので完璧なゴルフでした。

スイングを見ると以前よりもリズム感が良くなっているのが分かります。

以前は腕と手首に全力で力を入れて体の遊びを減らそうとしていましたが、最近は大人になったので緩くスイングが出来る様になって調子が上がってきています。

ショットは非常に分かりやすいスクエア打法ですね。

トップでの左手首の張りを見ればどのようなショットを打とうとしたか丸分かりです。

左手の甲が張っている時はドロー目で打つし、左手の甲が甲側に曲がっている時はフェードです。

16番のロングはフェード、フェード、フェードでグリーンオン。

17番はフェード、フェードでグリーンオン。

18番はフェード、ドローでグリーンオン。

特に最終の18番のセカンドは180yを6番アイアンでドローなので、ややしっかりと打ってました。

このようにドローをコントロールするには、ラウンド全体でコントロールする必要があります。

フェードを基本ベースにしながらのドローをたまに打つのが良いフェードヒッターと言えます。

フェードばっかり打っていると捕まりが悪くなりますし、ドローばかり打っていると捕まりすぎてしまいます。

バランス良くするには、たまにドローで良いのです。

スコットを見ているとショット10回に1回くらいでドローを打っています。

それくらいがバランスがとれたプレー方法と言えます。
トーナメント関連ニュースはこちら←クリック

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011/08/08 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スクエアゴルフ理論

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ