アクセス解析
イメージ画像

ドローを打つ

ドローボールを打つ事は非常に重要になります。
今年全米オープンを制したローリーマキロイもドローでプレーしていましたね。
ドローを打つことで得られるメリットがあまりにも多いので上達志向が高い方はドローを打てるようになりましょう。
ドローを打つにはアドレス、バックスイング、トップ、インパクト、フォロー、フィニッシュとずべてのポイントにチェックが必要です。
スクエア打法ではドローに非常に重点を置いています。
なぜならドローを打つことでメリットが多いからです。
高い球、低い球、フェード、ドロー、スピン、ドロップなど全てのショットが打てるようになるにはドローを打てる必要があります。
がんばって本物のドローが打てるようになってほしいですね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011/07/12 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スクエアゴルフ理論

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ