アクセス解析
イメージ画像

池田勇太のスイング技術

雑誌などを見てもあまり正しい解説を見た事ないのです。
池田選手のスイングの特徴はクラブ、特にシャフトの使い方が上手いです。
シャフトにはトルクというのがあり、そのトルクを上手く使う事がショットで上手く打つコツになります。
バックスイングをアップライトに上げ、切り返しの時にクラブを寝かせる動きを入れます。
シャフトのトルクにはその方向にトルクを入れることが大切です。
切り返しの時に右にトルクをかけて、インパクトの時に左にトルクがかかるようにクラブを使います。
これはスイングの基本のひとつですが、まったくこの部分の解説を見た事がないです。
プロなら誰でも入れる動き。
池田選手のは丸分かりで入れているので人気が無い?
トップでの背中の回り具合。肩の入り方。インパクトでの顔の向きやボディバランス。
どれをとってもかなり良いスイングです。
フォロースルーの使い方を良くして行くのがこれから30歳にかけて行っていく改造部分になります。
今はこのままのスイングでどんどん勝ってほしい、私の好きなスイングの一人です。

最新トーナメント情報はこちら←クリック

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011/07/15 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スクエアゴルフ理論

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ